記事一覧

宗谷中学校Webサイトへようこそ

 宗谷中学校は日本の最北端にある、全校生徒28名、教職員16名の中学校です。

 この度Webサイトがリニューアルされたのを機会に、改めてご紹介させていただきます。
 
 宗谷中学校は昭和42年9月、富磯、宗谷、大岬の3校が統合し「宗谷中学校」として新設されました。その当時、生徒数は205名を数えました。この年、現在の校章が制定され、さらに昭和43年7月10日、稚内市教育委員会より「産業教育実践研究校」の指定を受けました。以来44年間、地域に守られ、育てられてきた「ふるさとに学ぶ産業教育」が本校の最大の特徴です。

 現在の校舎は、平成13年「明るい21世紀を築くふるさと宗谷の学舎を」という生徒、地域、教育関係者の願いのもと新築されました。

 自然の環境は夏でも最高気温が25度を超える日はほとんどなく、四季を通じた強風や冬のブリザードなど、極めて厳しい中にありますが、心の環境は、子どもを達を温かく見守り、力強く応援することが根付いている素晴らしい地域です。

 生徒は、笑顔がとても似合い、仲間との心の絆を何より大切にする素敵な子どもたちです。自分たちで定めた「生徒会憲章」をもとに、誰もが学校に来るのを楽しみにできる理想の学校を創り上げようと力を合わせています。

 私たち教職員は、これからも「生徒一人一人を大切にする宗谷中学校」を柱として、「地域とともにある」学校づくりをすすめていきます。
 
 サイトを立ち上げたばかりです。これから内容を充実させていきたいと考えておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。

宗谷中学校 第15代校長
阿保 哲