記事一覧

脱法ハーブ

 先日行われた学校評議員会のなかで、「脱法ハーブ」に関する情報が出された。その情報によると、「ネット販売などを通じて、手に入れることが簡単で学生でも入手可能」ということが、ある会議で交流されたとのこと。

 脱法ハーブとは、違法薬物と同様の幻覚作用などがありながら、分子構造の一部が異なるため法規制を免れているもの。全国的にも若い世代を中心に使用者が広がり、健康被害も相次いでいる。

 今年に入り約100人もの人が吸引後に救急車で病院に運ばれているという。横浜市では死亡した人もいる。吸引後に自動車を運転し、他人を巻き込む人身事故を起こすケースも相次いでいる。流行の背景には、作用が比較的軽いとの誤ったイメージがあるとみられるが、間違いなく危険性は極めて高い。

 対策として、まず脱法ハーブを明確に「違法」とし、販売に歯止めをかけることが急がれる。我々は子どもたちを守るために、関係機関とも連携し、早期に正しい情報をもとに指導しなければならない。

ファイル 103-1.jpg

○ 宗谷岬の日没(6月25日撮影)