記事一覧

着任挨拶

ファイル 122-1.jpg

 8月16日付で、阿保前校長の後任として赴任いたしました鎌田正之と申します。前任校は、同じ宗谷沿岸の富磯小学校です。

 「我が母校」「地域の学校」として愛着と誇りを持たれている、宗谷中学校。宗谷中学校は、宗谷沿岸の未来を築く学校です。開校以来「水産教育」を展開し、子ども達の心に地域と漁業への誇りを形成し、後継者育成につなげてきました。このことは、沿岸地域の宗谷中学校に対する大きな期待と願いです。そのため、保護者も地域も学校への支援と協力を惜しみません。宗谷中学校は、家庭・地域とつながり、共同して歩む学校です。

 そんな素晴らしい学校に第16代校長として赴任できたことは、とても光栄なことです。しかし、大きな期待に応えねばならないと思うと、正直なところ責任の重さを感じます。でも、幸い、宗谷沿岸校勤務が宗谷中で3校目です。大岬小教頭で2年間、富磯小校長として2年4か月お世話になり、そして宗谷中へ。(沿岸史上初めてかも?)

 先日の挨拶まわりでも、多くの皆さんとすでに知った仲として出会うことができ、しかも笑顔で激励していただきました。とてもほっとしました。そして、思い出しました。これまでも、一人でやってきたわけではない。保護者や地域の皆さんに支えられてやってきた。また、私のもとには、頼りになる本間到教頭先生を始め熱心でがんばり屋の先生方がいる。さらには、立派な中学生として送り出そうと努力している3つの小学校の先生方もいる…

 素晴らしい地域で、たくさんの支えと励ましのある中で三たび働けることなった巡り合いに心から感謝し、子ども達の成長のために、家庭と地域の期待に応えるために精一杯努力していきます。

 どうか、宜しくお願い致します。