記事一覧

沿岸小学校学芸会と宗谷中生

ファイル 134-1.jpg

 唐突ですが、問題です。(第1問目)
 問題1「上の写真は、何をしているところでしょう?」
 ヒント。上の写真の右端に立って何かを掲げているのが、わが生徒会役員です。

 ちょっと難しかったようですね。それでは、2つめのヒントになる、1枚の写真を紹介します。

ファイル 134-2.jpg

 上の写真は、10月14日に行われた、宗谷小学校学芸会の1コマです。
 それでは、問題1の答えです。
 答えは、「出身小学校に出向いて、小学校学芸会に対する激励メッセージを届けに行き、後輩の前でそれを紹介している先輩」です。

 宗谷中学校は、宗谷沿岸の3つの小学校の卒業生が入学する中学校です。
 宗谷沿岸の1中・3小、そして保育所(1つ)は、12年間で「やさしく、かしこく、たくましい宗谷の子」に育てようと、保小中連携の取り組みを行っています。
 難しいことまでには手はつけられていませんが、お互いの様子を見合ったり、一緒に考えあったり、そして、上の写真のように大きな行事の時には相互に激励しあい、絆を深めあっています。でも、子ども達同士のこうした交流は、意外と自尊感情を高めたり、先輩としてのプライドを育てたりしているのではないでしょうか? 何より、子どもら同士嬉しいことなのです。
 中学校も中体連大会の前には小学校から激励メッセージをいただきます。後輩からの励ましに、中学生は面はゆいけれども、まんざらでもない様子です。
 そうした小学校の激励に応えて、出身校にそれぞれ生徒会役員が先輩のメッセージを貼りつけたタペストリーを今年は届けに行きました。

ファイル 134-3.jpg ファイル 134-4.jpg

 宗谷小学校だけでなく、富磯小学校(左)、大岬小学校(右)、3つの小学校が同じ14日に学芸会を地域の人たちの応援の中で、にぎやかに開催され、大きな拍手が巻き起こり、笑顔で終了しました。
 その中には、応援に出向いた中学生がたくさんいます。たぶん、ほとんどの中学生が母校の学芸会に出向いていると思います。
 その理由がもうひとつ。3つの中でも歴代比較的規模が小さい、富磯小学校・宗谷小学校には中学生が運営協力者として参加しています。先生方に交じっての裏方業務です。用具係・照明係・放送係…。優しい声でアナウンスしてきた子もいます。
 「本当にありがたかった。実によくシャシャシャと動いて、よくやってくれました。あれを見て、後輩達が、将来自分がああやるんだな、っていう気持ちにさせてくれているんだよね。」
とは、宗谷小宮田校長のお礼の言葉。
 富磯小でも、松田校長の『学校長挨拶』の中で中学生の運営参加の紹介とお礼を述べてくれていました。また、アナウンスで中学生の係紹介も。
 そうしたことが中学生の“心育ち”にもつながっていると感謝しています。

 文化祭を1週間後に控え、土曜日も自主的な練習や準備に取り組む宗谷中生が、日曜日にも母校に出かけ、後輩に拍手を送り、運営に協力する。素晴らしいなとつくづく思います。中学生は大変だとは思うのだけれども、そうした環境を維持することこそ、学校とPTA、地域の責任なのだと感じています。

ファイル 134-5.jpg

 さて、続いて第2問。最後の問題です。
 問題2「上の写真は、何を書いているところでしょう?」
 ヒント1。上の写真内の右側に見える黄色いものと関係があります。
 ヒント2。第1問目の正解とも、やや関連があります。
 答えは、「母校に宗谷中文化祭をPRに出かける生徒が、その演説原稿を考えて書いているところです。」
 黄色いものは、文化祭の『プログラム』でした。今週、生徒会が手分けして、3小学校に文化祭宣伝PRに出かけます。

 例年、その甲斐があり、また小学生向けの「出店」などを行い、沿岸小学生のほぼ全員が集まる宗谷中文化祭。また、地域の人たちもたくさん激励に見えられ、毎年大賑わいの宗谷中文化祭。
 いよいよ宗谷中文化祭も1週間後となりました。今年も例年に負けない楽しい企画と発表を生徒達が意欲的に熱心に準備しています。皆さん、10月21日(日)は、ぜひ宗谷中学校へ!