記事一覧

祭典―地域の中で過ごす2日間

ファイル 207-1.jpg

 6月24日、25日、宗谷中校区の宗谷沿岸地域は、一斉にお祭りでした。
 そこで、宗谷中では24日午後と25日を、地域で学ぶ地域活動の日としています。
 この2日間、富磯・宗谷・第一清浜・第二清浜・谷岬・東浦、各町内会のイベント・神輿パレードなどに子ども達は参加し、地域の一員として地域の祭典盛り上げに一役買い、地域ぐるみのふれあいの輪の中で過ごします。
 毎年恒例の地域行事ですが、地域の中で過ごす2日間の中で今年も、自分が暮らす地域の温かさと良さを体感し、自分が支えられていること、地域を元気にするのに役立っていることを子ども達は感じたに違いありません。

ファイル 207-2.jpg

 25日は、それぞれの地域で神輿パレードが行われ、中学生が参加しました。

 小学生と共にトランペット隊を組み、パレードを盛り上げた、富磯の子ども達。
 地域から大きな拍手をもらってきました。

 青年部の若者と共に本神輿を担ぐ子がいたり、中国人研修生と共に樽神輿を担いだりした宗谷の子ども達。「ワッショイ!」と、大団扇を仰いで元気にかけ声もかけていました。

 女性陣が、花笠踊りで行進する宗谷岬のお祭りパレード。中学生女子も、その隊列の中にいて花笠をもち、音楽に合わせて踊りながら進みます。
 男子は小学生と共に、子ども神輿を元気に回したりしながら練り歩きます。

 東浦地域に暮らす中学生は一人です。
 地域のお父さんや青年の皆さん、小学生・幼児とともに神輿パレードの輪の中に。

ファイル 207-3.jpg

 パレードの後や第1日目の午後には、それぞれの地域で楽しいイベントが行われました。

 お祭りにつきものの出店は、PTAや子ども会、地域の青年クラブが出しています。
 宗谷沿岸の小さな規模のお祭りには、外から出店はやってきません。
 その中で、子ども達に楽しい思いをさせよう、楽しい子ども時代の思い出をつくってあげようと、食べ物のお店、ゲームのお店が並ぶイベント広場が各地で開催されています。
 また、小さな町内会のみんなが集まって、一緒に食事を楽しんだりビンゴゲームで盛りあがったりするところもあります。

 子ども達は、そうした、地域の人たちの手作りのお祭りを2日間味わうのです。
 学校では味わうことのできない、幅の広い、温かさいっぱいの体験です。
 教科の学習では学べない、教科外の活動でも体感できない、貴重な学び体験です。

ファイル 207-4.jpg

 それは、教師にとっても貴重な体験の場です。
 地域を直に感じる2日間です。
 子ども達が大切にされていることを、目の当たりにする2日間です。
 そして、教師も包み込まれ、支えられていることを実感する2日間です。

 この地域のために、この人たちのために、明日からまたがんばらねば。
 教師もまた、勇気と元気をもらった2日間でした。

ファイル 207-5.jpg