記事一覧

沿岸陸上大会―後輩激励に出かける

ファイル 211-1.jpg

「小学生の皆さん、今日は自分の力を発揮する場です。
 新記録をめざして、がんばってください。
 宗谷中生も、皆さんを応援しています。
 今日は、3校の交流ができる場面でもあります。
 そこでも、がんばってください。」

 わが生徒会代表が、沿岸の3小学校の子ども達に、力強く激励の言葉をおくりました。7月5日のことです。

ファイル 211-2.jpg

 7月5日は、宗谷沿岸の3小学校による沿岸陸上大会が行われた日です。
 3小学校集まっての陸上大会ですが、沿岸の小さな学校対抗ですから、小さな規模の大会です。
 けれども、小さな学校にとっては自分の力を試し合う、良い機会です。集った小学生は、それぞれに意欲と目標をもって、開会式に臨んでいます。
 また、沿岸小学校は、「集合学習」を行っている間柄です。この陸上大会も集合学習の一環です。沿岸陸上大会は、学校同士、3校の子ども同士が交流し合う機会でもあります。

ファイル 211-3.jpg

 この沿岸陸上大会の開会式に、わが生徒会代表が激励する場面が設けられています。
 授業があるので、せめてものという形ですが、中学生=先輩が激励してくれたことは、きっと後輩の小学生たちへの勇気づけとなったことでしょう。加えて、中学生と小学生のつながりを生みだす機会のひとつにもなったことでしょう。
 今年は生徒会執行部の2名が参列し、代表が挨拶を行いました。

ファイル 211-4.jpg
 
 この激励活動は、中から小だけではなく、小から中へも行われています。
 中体連の壮行会では、小学生から中学生への激励メッセージが寄せられます。
 この相互激励は、小中連携のひとつとして計画され、意図的に行っていることです。
 互いの勇気づけに活用すること、中学生に先輩としての誇りと自覚を高めること、小学生に中学校との距離を縮めるとともに、よき先輩の姿を感じてもらうこと…。

 日差しが射し、微風で、さわやかな夏の日和の中、
 やさしい笑顔で激励してくれた先輩を
 後輩達が「ありがとう」という面持ちで見つめていました。

ファイル 211-5.jpg