記事一覧

8月参観日-温かな眼差しに見守られて

ファイル 221-1.jpg

 2学期第1回目の参観日を、昨日実施しました。
 お忙しい中、たくさんのお母さん方が参加してくださいました。
 子ども達が取り組む授業を熱心に見つめ、温かな眼差しを送ってくれていました。

 一方、子ども達は、いつものペースで明るく授業に取り組んでいたようです。

 1年生は音楽の授業でした。
 覗いた時には、文化祭の全校合唱曲『ありがとう』の練習中でした。
 女子は輪を作って、生徒だけで声だし。男子は先生の伴奏に合わせて歌っています。
 歌うパートが違うので、分かれて練習していたようです。
 その次は、男女一緒に合唱です。
 まだ音取りに自信がないのか、ちょっと照れがあるのか、はたまたお互いに「警戒」(?)しあっているのか、まだか細い歌声です。
 この歌声が文化祭でどんなふうに変化していくのか、楽しみです。

ファイル 221-2.jpg

 2年生は数学、『1次関数』の学習でした。
 y=2xと、y=2x+3のグラフの似たところと違うところ。
 3つのグループに分かれて、話し合っています。
 グループの話し合いの発表では・・・
「『傾き』が同じです。」
「『切片』が違います。」
「まったくもう。まだ習っていない用語を使って・・・。」「てへへへ」
「じゃあ『傾き』って、どういうことですか?!」
「は?! えっ! あっ、その、y=axのaのことです。」「ほう・・・」
「ほっ」
 なかなか意欲的に学習に取り組んでいるようです。
 お母さん方も笑顔で見つめています。

ファイル 221-3.jpg

 3年生の教室を覗いた時には、もう授業の終盤でした。
 社会で『選挙』についての学習をしています。
「日本では選挙は『権利』としてありますが、オーストラリアでは選挙に行かないと
 罰則があり、国民の『義務』ともいえるようになっています。
 皆さんは、このことをどう思いますか?」
 初めて知りました。勉強になります。子ども達は、グループで意見交換です。
 短い時間で話し合いをまとめ、代表が発表します。
「私たちのグループは反対です。それは、
 罰があるから選挙に行くというのは、ちょっと違うのではないかと思うからです。」
「ぼくたちのグループは賛成です。
 それは、社会にとってはよいのではないかと思うからです。」
 未来の主権者たちはそれぞれに学習課題を受けとめ、考えています。
 参観しているお母さん方も、頼もしそうに見つめています。

ファイル 221-4.jpg

 授業参観の後は、学級ごとの懇談会。
 1学期や夏休みを通じての子ども達の成長を語り合えるように、担任の先生方は準備し、臨みました。また、2学期の学級づくりの方針や学校と家庭の力合わせについても、呼びかけました。
 1年生は、「ほめ言葉のシャワー」や「じゃんけんトーク」の様子を映像で見たとのこと。子ども達の楽しげな姿を見て、お母さん方はにっこり。
 2年生は夏休みの家庭での過ごし方を交流。ちょっとPCゲームにはまっているのが課題だなと確かめ合えたとのこと。
 3年生は修学旅行計画を説明。修学旅行の話で盛り上がったようです。

 2学期が始まってもうずいぶん経ったような気がしますが、まだ1週間が終わっただけ。2学期の子どもらの成長のための力合わせは、スタートしたばかりです。
 子ども達一人ひとりが大きく成長する「飛躍の2学期」にするために、保護者の皆さん、どうか今学期も力強い応援、強力なタッグをどうか宜しくお願いします。

ファイル 221-5.jpg