記事一覧

残された2日間で

ファイル 237-1.jpg

 今日も、始業前のホールから、ピアノの音や歌声が聞こえてきます。
 見ると、合唱の指揮の練習をしています。
先生のピアノ伴奏に合わせて、懸命に腕をふってリズムを刻んでいます。
 その周囲を何人かの仲間が見つめたり、伴奏に合わせて歌を歌ったりしています。

 朝の歌声は、このところ毎日ずっと続いています。指揮練習であったり、伴奏練習であったり、指揮者と伴奏者とが一緒に合わせたり。
 そして、その周囲には、きまって何人かの仲間が応援に来ています。
 全校合唱の目標=『One for all All for one(一人はみんなのために みんなは一人のために)』の、まさに体現です。

ファイル 237-2.jpg

 文化祭まで今日を入れて練習日は2日間となりました。
 最後の最後まで、こうしたがんばりが見られる宗谷中文化祭への歩みです。
 そうしたがんばりの中で、発表の質の高まりもえられてきたようです。

 『全校合唱通信』には、練習の中で見えた“キラリ”が紹介されています。
①自分の心から気持ちを込めて歌っていた!!
②大事な言葉を大切に歌っていた。
③3年生のがんばりと変わりように、1年生は憧れる!!
④姿勢がとてもよかった。
⑤歌詞をきちんと覚えていた!!

 各学年、一人ひとりみんながんばっているし、がんばってきました。きっとそれぞれの子ども達の中に、様々な高まりが宿ったことでしょう。

ファイル 237-3.jpg

 けれども、それぞれの発表の仕上がりは、まだ上をめざせる要素があるようです。残り2日間の中で、できることやりきろうと心に決意している子ども達です。
 また、先生方も、そんな子ども達への勇気づけを心がけています。

『あすはいよいよ総練習。流れを最終確認するのみです。
 ・・・さて、今日一日何を中心に練習すればよいと思う?
 1.声  基本はこれでしょ。・・・声の大きさならアナタ方14人はいける!
      誰かが出してくれるんじゃないよ、みんなでやるんだよ。
 2.姿勢 ソーラン、ボディスラップともに腰の高さ。・・・
      「やるぞ!」ってなった時の空気感は肌でわかる。
      本番は1発勝負! 中途半端でいいか? 一つ一つの動作をビシッと。
 3.テンポ 出入り・着替えのダラダラ感の解消に努め、スピード感アップ。
       ・・・それと、早くステージ袖に隠れたい気恥ずかしさが見える。
       いっぱい練習してきたんだ、胸張って堂々と見せてやろうよ。・・・』
 (2年学級通信『翌檜(あすなろ)』より)

 今日の練習、明日の総練習を大事にして、地域の人たちの笑顔を、そして自分も仲間も笑顔になる宗谷中文化祭を、必ずつくっていきましょう。

ファイル 237-4.jpg

 ところで、中学校の行事練習は、放課後中心です。授業時間にとれる練習のコマはわずかしかありません。1日の多くの時間は教科の学習です。
 今日の3時間目は『基礎学』の時間。
 一人ひとりが真剣に問題と格闘し、できなかった問題をいち早くわかった仲間からアドバイスをもらったり、質問したりしながら解いていく「学びあい」が繰り広げられていました。

 時間的にも肉体的にも厳しい条件の中で取り組むしかない、学校行事。
 でも、そうしてでも取り組む価値があるのが『文化祭』です。そして、子ども達もそれを感じて、教科の授業もきちんとやり、練習には主体的に取り組んでくれています。
 文化祭の取り組みを通じて、一人ひとりのやさしさとたくましさが磨かれ、つながりと絆が深くなっていくのを感じます。また、日頃の「学びあい」を通じて深まった信頼感が、文化祭の取り組みの中でも活かされているように感じます。

 日曜日の成功を後押しするかのように、天候も回復傾向になってきました。 

ファイル 237-5.jpg