記事一覧

生徒総会―新スローガン「心優」をめざす旅のスタート

ファイル 254-1.jpg

 昨日、12月19日、平成25年度後期生徒総会が開かれました。
 今年度の前期を総括するとともに、新役員のもとでの生徒会新スローガンや各常任委員会の活動目標と計画の承認などが議題です。
 新スローガンは、
『心優(しんゆう)~思いやりを持って、信頼し合える仲間をつくろう~』。

 今回の総会の特色は、「話し合い」を取り入れること。
 『心優』をめざしあう第一歩として、「信頼し合える仲間って、どんな仲間?」ということをグループエンカウンターの手法を使って子ども達に話し合わせ、めざす姿を少しでも共通にしあおうというわけです。また、その話し合いを通じて、わかりあいやつながりが深まれば、さらに嬉しいことです。
 そのために、グループの司会者・記録者も事前に決め、打合せを行ってきました。けれども、生徒総会では初めてのやり方です。さてどういう様相を示すでしょうか?!

ファイル 254-2.jpg

 生徒総会では、まず、前期の総括を行いました。
 前期生徒会テーマは、『ポジティブ~積極的に行動しよう』。
・文化祭などの行事でみんな積極的に動けていた。
・あいさつが増えてよかった。
・1年間続けてみて、少しずつポジティブになれたと思う。目標が定着したのでよかった。
 以上の、役員による「振り返り」を全校で承認し合いました。
 その後、厚生常任委員会は「達成度95%。計画したものは全部できた(マイナス5%は、たまに仕事を忘れた・・・)、文化常任委員会は「楽しんでもらえた。全校生徒が盛り上がっていて、笑顔で私たちも楽しんでできた」という及第点の自己評価。そのことも、全校生徒で承認し合いました。
 また、各学年からも、学級目標達成に向けての取り組みの振り返り、中間総括が出し合われました。達成度自己評価は、3年生だけは95%と高いですが、2年生は68点、1年生は70%ぐらい。まだまだがんばり課題、学級がよりよくなっていく余地があるという振り返り。学級目標に関わる取り組みは、3学期にも続く課題です。

ファイル 254-3.jpg

 続いて、新体制にチェンジして、後期の生徒会スローガン、厚生常任委員会・文化常任委員会、各学年の活動目標と活動計画の提案です。
 役員会は、新スローガンの提示と共に、2つの重点目標を提案しました。
○聞きやすい声であいさつをしよう!
○相手の気持ちを考えて行動しよう!

厚生常任委員会の目標は、
・学校に来たくなるように、全校みんなで校内をキレイにしよう!
・仕事を忘れないようにして、仲間と意見を言い合い、協力して活動する!
 始めの活動は、げた箱そうじ。2学期中にやるそうです。

 文化常任委員会の目標は、
・みんなが笑顔になれる活動をやりとげる。
早速、「XMASソング・サンタのプレゼント」企画があるそうです。

ファイル 254-4.jpg

 各学年の取り組みも発表され、全ての提案が承認されました。
 さあ、いよいよ今回の総会の目玉、話し合いです。
 まず、生徒会役員がやり方を説明します。
 ホワイトボードを使い、話し合いのテーマ、グループごとに行うことの手順、やり方などを伝えます。ちょっと声が小さいです。
「わかりましたか?」
「はい」と、子ども達が静かに反応しました。
 子ども達は説明を聞き取って、これから何を、どうするのか、受けとめたようです。

 はたして、どんな話し合いになるのでしょうか?! 

(つづく)

ファイル 254-5.jpg