記事一覧

生徒総会Ⅱ―「信頼し合える仲間」って?

 生徒総会パートⅡ。
 さあ、グループでの話し合い。テーマは、「信頼し合える仲間って、どんな仲間?」。
 どんな話し合いになるのか、楽しみでもあり不安でもありました。

ファイル 258-1.jpg

「笑顔」「思いやり」「優しさ」「あいさつ」
「楽しい」「協力」「応援」「一生懸命」
「うそをつかない」「暴力や悪口を言わない」「守る」「傷つけない」
「知り合う」「ほめ合う」「伝え合う」「コミュニケーション」
「常識」「信用」「理解し合える」「友情」
「良い雰囲気」「切磋琢磨」「一人にしない」・・・

 話し合いが終わり、7つのグループから、「信頼し合える仲間」になるための「要素」がたくさん出されました。
 各グループの発表を見守る目も、みな穏やかです。 

 「信頼し合える仲間」に求めるものが、こんなに出るとは驚きでした。
「信頼するって奥が深いと、改めてそう感じました」
総会の終わりの挨拶で、感想をそう子ども達に伝えました。
子ども達も、先生方もきっと、同じように感じたのではないでしょうか?

ファイル 258-2.jpg

「それでは、まず5分で、自分の考えを書いて下さい」
 話し合いの始まりは、とっても静かなものでした。
 各テーブルの司会担当の子が付箋を配り、まずそれぞれが自分の思う「信頼される仲間」の姿を思いつく限り書き始めました。どんどん書く子もいれば、「んん・・・」と考えている子もいます。それでも、全ての子ども達が何かかしら書いているようでした。
 会場が徐々に熱を帯び、まだ書いている子、考えている子がいます。
「まだあるようなので、あと3分延長します。」
 子どもの前に、記入された付箋がたくさん並びました。

 次は、種類分けです。似たような意見をまとめていきます。
「じゃあ、自分の付箋、1つ言ってください。」
「え~っとね、・・・」
「同じ意見ある人?!」「はい。」
「これって、同じだよね?」「これもか?!」
「じゃあ、次!」
 グループごとに、ああだこうだと言いながらジャンル分けです。
 同じ種類と思われる付箋を縦に並べていくグループ、端を少し重ねながらまとめるグループ、並べ方もいろいろです。

 静かに始まった会場に、いつの間にかあちこちで笑顔が咲き誇り、笑い声も聞こえ、話し合いの声はだんだん大きくなってきています。

ファイル 258-3.jpg

 ジャンル分けができたら、ジャンルごとの組み分けの名前を考えます。
 それが、始めに書いた「要素」です。その近くに、その理由も書き込みました。
 そして、グループごとに、「信頼し合える仲間」像を1枚の模造紙にまとめました。

 各グループがまとめた模造紙を提示しながら、話し合ったことをかいつまんで報告しあい、互いに賞賛の拍手をしあいました。子ども達の顔もすっかりなごんでいます。
 自分の考えを出せたこと、出し合えたこと、「種類分け」で意見を和やかに交換し合えたこと、それを相談し合いながらまとめたことに、どうやら満足感をもてたようです。

ファイル 258-4.jpg

 総会の最後に、お話をさせてもらう機会をもらったので、こんな激励を送りました。

「『心優』をめざす第一歩として、話し合いを生徒会新役員は考え実施しました。
 笑顔があり、笑いがあり、話し合う声が大きくなってきました。
 グループ討議は大成功です。新役員は、まず大きな仕事をしたと思います。」

「さて、『信頼し合える仲間』の要素が、たくさん出されました。
 『笑顔』『思いやり』『協力』・・・信頼するって奥が深いと、改めて感じました。
 これは、自分が相手や仲間に求めるものです。
 それと同時に、相手や仲間から自分が求められることでもあります。
 『信頼される自分』になるためのイメージが、
 お互いに共有できたのではないでしょうか?」

「笑顔、笑いが生まれ、声がどんどん大きくなったのは、安心感が広がったからです。
 それは、思っていることを言葉にし、声にしたことで、気持ちがわかったこと、
 自分と同じように仲間も願っていることがわかったからです。
 表現し、思いを伝えることで安心感が広がる。
 ぜひ、このことをこれからの生活、生徒会活動で忘れないようにしましょう。」

「人間は不完全です。失敗もします。でも、人間は成長できます。
 一人では限りがあっても、仲間がいれば、どんどん高まり合うことができます。
 仲間が『心優』になれば、一人一人全員が高まり、
 そして、楽しい宗谷中にすることができます。
 今日のことをスタートに、今日のことを忘れず、
 もっと楽しい宗谷中を、みんなでつくっていきましょう!
 先生方も、皆さん方を全力で応援します。」

 がんばろう子ども達。がんばろう生徒会。
 保護者の皆さん、地域の皆さん、子ども達への応援、引き続き宜しくお願いします。

ファイル 258-5.jpg