記事一覧

水産部ミーティング―今年のがんばり、先輩から後輩へ

ファイル 267-1.jpg

 1月30日放課後、本校が誇る「水産部」のミーティングが行われました。
 今回のミーティングは、今年度の振り返りをすると共に、卒業する3年生の思いを1・2年生の後輩たちが受け継ぐための機会です。
 また、新部長の承認と新年度に向けて、夢や意欲を語り合う機会です。

 まず、5つのグループに分かれて、今年度の振り返りです。
 付箋を用意し、グループごとに、今年度の活動を振り返って、良かったことを一人ひとり思いつくことを書き出しました。それを、同じような意見ごとにまとめていきます。
 5つのグループで、模造紙に付箋が貼られていきます。

ファイル 267-2.jpg

 燻製づくりの達成感が出されました。
*ナラがなくなったけど、工夫して燻製をつくることができた。
*地域の人に喜んでもらえる燻製が作れた。
*燻製がおいしくできてよかった。
*買った人が喜んでくれた。

 自分たちのがんばりも見つけ出しました。
*つかれていても、テキパキ行動していた。
*自分の役割をちゃんとやっていた。
*いろいろなことにあきらめなかった。
*冷たいけど、がんばった。
*作業がスムーズだった。
*仕事を見つけてがんばった。

ファイル 267-3.jpg

 全校で、仲間で共に取り組めた喜びも出されました。
*どんな時でもみんなで協力してがんばっていた。
*みんなで意見をたくさん出せた。
*みんな教え合いながらやっていて良かった。
*全校での会話が多かった。
*いつでも笑顔で活動できた。

 水産学習発表のことを思い起こした人もいます。
*水産学習発表では、各学年が学んだことをしっかり発表することができた。

 その後、各グループの特徴的な意見を代表者が全体の場で発表しました。
 共通な思いをみんなで確かめ合えました。共感の拍手が湧きました。

ファイル 267-4.jpg

 第1部の最後は、3年生の現部長・副部長からの言葉です。
 まずは、畑副部長です。
「・・・これからもずっとずっと続いていくと思うのですけど、
 今まで私たちの先輩だったり、お父さんお母さんが続けてきた伝統の味を
 これからも、この後の宗谷中生がみんなで守っていってがんばっていって下さい。
 お願いします。」
 続いて、和田部長です。
「・・・ぼくは、魚とかさしみとか好きじゃないんですけど、別の角度から
 海をおもしろく見たり、楽しく見れたので、水産部っていいなと思いました。
 ここの中学校にしかないことなので、伝統を守り続けながら
 新しい方向へ進化していって下さい。」
 大きな拍手が送られました。

 第2部は、決意も新たに、1・2年生だけで新部長の承認とこれからの活動について、夢やアイデアを語り合いました。
 新部長は、今年副部長を務めていた藪下さんが進んで立候補してくれています。
「今年も副部長として、水産部のリーダーとしていろいろ活動してきたのですけど、
 部長としてはまだ成り立っていないところもあるし、まだ不安なところもあるので、
 自分でもがんばりたいと思っているので、皆さんもぜひサポートをお願いします。」
 とっても謙虚な挨拶でした。きっと、仲間がもり立てて、リーダーを中心に新しい活動が生み出されていくことでしょう。
 子ども達の心に喜びと誇りを育てる宗谷中の産業教育。それを進める水産部。生徒の皆さん、これからもぜひがんばりましょう。

ファイル 267-5.jpg