記事一覧

じゃらんの社長が来た!

 少々古い話で恐縮なのですが…。
 先週4日、「(株)北海道じゃらん」の社長さんが来校し、3年生で出前授業を行ってくれました。
 以下、3年生学級通信「決断」からの抜粋です。

ファイル 334-1.jpg

 『さかのぼること昨年の11月。水産タイムの発表を終えて、当時の発表になんとなく物足りなさを感じていた私は、3年生の発表をイメージしたときに一つ目玉になるような企画が欲しいと考えました。…(略)… もっとおもしろいものに出来ないかと考え「ブランド」というキーワードを思いつきました。そして3月にはダメもとで地域と一緒に商品開発をしている北海道じゃらんにアタック!』
 そして実現した出前授業です。

ファイル 334-2.jpg

 『社長さんのお話の中で「地域のことを深く知ること」「知ったことや商品の魅力を伝える方法や大切さ」を学びました。そのために、ターゲットに伝える目的をはっきりさせて方法や内容を明確にすることが、これからの取り組みで重要になってきます。』と、担任は書いています。

 3年生は、秋の修学旅行で「販売実習」を行ってくる予定です。「宗谷のタコ」「宗谷のホタテ」等の地元ブランドのネームバリューを活かした「宗谷中ブランド」としての製品づくり、そしてその販売と発展させることができれば、宗谷中産業教育に新たな1ページを開くことになるのではないでしょうか。今後の展開が楽しみです。
 …と、勝手なことを妄想しているのです。

 今日10日、1年生が「エビかごづくり」を行いました。このことについては近日中に。