記事一覧

「折り鶴」と「祈りの塔」

 今日7月7日は七夕の日です。
 階段の手すりには全校生徒の願いが吊されています。
 「管内中体連でヒットを打てますように」「中体連で3球目攻撃が成功しますように」という願いもあれば、「お父さんに怒られませんように」というものもあります。「ドラえもんが引き出しから出てきますように」という願いも見つけました。

ファイル 339-1.jpg

 今年も「平和折り鶴祭り」への協力依頼がきました。
 昨年は18万5千羽の折り鶴が、中央アーケード街に飾られたそうです。
 この取り組みは、1986(昭和61)年の稚内市『子育て平和都市宣言』まで遡ることができます。それは、1983(昭和58)年に起きた大韓航空機撃墜事件がきっかけとなっています。歳月の経過とともに記憶が薄れていくことは、ある意味、仕方のないことかもしれません。しかし、だからと言って、風化するままにしていて良いはずもありません。

ファイル 339-2.jpg

 6校時、全校生徒を対象に「平和学習」を実施し、平和への願いを込めながら鶴を折りました。
 『「折り鶴」と「祈りの塔」にはどのようなつながりがあるのだろうか』と学習課題を設定し、4人8グループの縦割り小集団活動も取り入れながら学習を進めました。
 教頭Tが「朝の打ち合わせ票」に『風化させないだけでなく、息づかせること』と書いてくれています。その通りです。

ファイル 339-3.jpg

 短冊の中には「世の中が平和でありますように」というものもありました。
 学校生活における「平和」…それはまさしく『生徒会憲章』に記されている内容であることを再確認できた平和学習でした。

ファイル 339-4.jpg