記事一覧

心に響いた『答辞発表会』

ファイル 276-1.jpg

「3年生の思いや学んだことが伝わってきて、よかったです。」
「3年間を振り返った発表を聞いて、たまに自分に置き換えて考えたりして
 その通りだなと思ったり、すごく勉強になりました。」
「苦しいこともあったけど、それを乗り越えていくのがすごいと思いました。
 ぼくも、くじけず、がんばって立ち向かって行けたらいいと思いました。」
「仲間のよいところをたくさん見つけて、すごいと思いました。
 1年生も、3年生のように団結していきたいです。」
 2年生・1年生の代表が、そう感想を述べました。

 7日(金)午後、『答辞発表会』が開かれました。

ファイル 276-2.jpg

 『答辞発表会』は、卒業生全員が、中学校生活3年間を振り返って、自分の体験や学び、次への決意や希望を後輩や保護者・教職員の前で発表する会です。
 1学年の人数が少ない、小規模中学校の宗谷中ならではの伝統イベントです。

 今年も、卒業生一人ひとりが自分の体験―その時自分が何を感じ、何に悩んでいたのか、悩んでいたことにどう立ち向かい、どう克服してきたのかなどを驚くほどありのままに振り返り、率直に文にしたため、それを発してくれました。幼い心でわがままだった自分、友達とぶつかったこと、不安いっぱいで折れそうだったあの頃・・・。
 とつとつと、しっとりと、時には涙をこらえたり、言葉をかみしめながら・・・。

 1年生も2年生も、保護者も教職員も、会場のみんながじっと聞き入りました。

ファイル 276-3.jpg

・まず、自分のできることを全力でやろう。
・挑戦しないとわからない体験や考えがある。挑戦してみようという気持ちを持とう。
・失敗は心を成長させる。
 いろんな失敗を通して、学び、考え方や見方を大きく成長させられる。
・きちんと向き合って、話し合うことが解決への道。
・いろんな人との関わりをするからこそ、学べ、そして成長できる。・・・
 3年生の発表の中から、後輩も教職員も、たくさんのことを教えられました。

 そして、発表会を通じて、3年生一人ひとりが皆、成長した自分を発見し、自分で自分を認めて宗谷中学校を巣立っていくことができることを知りました。
 3年生全員が不安や悩み・自分の弱さに挑んで、成長をかちとり、これからの人生に活かすことができるたくさんの学びをしたことを知りました。
 とても嬉しかったです。

ファイル 276-4.jpg

 また、自分の成長を支え、後押ししてくれた人の存在にも気づき、家族や先生方、仲間に対して全員が感謝を述べていたことも嬉しいことでした。
 成長する力・可能性は、子どもら自身の中にあります。
 しかしながら、それを表層にまで引き出していくには、大人の支えや激励が必要です。そして、共に育ち合う仲間が必要です。
 『答辞発表会』では、3年生一人ひとりがそのことを体験的に学び、その輪の中にあって成長できたのだという実感と感謝の気持ちを、心からもっていることを感じることができました。
 3年間で、確かにみんな成長した・・・そんな喜びがじんわりと会場に広がりました。

「成長するもんだね。いろいろ考えて過ごしていたんだね。」
 わが子の成長が感慨深い、愛加さんのお父さんです。
「とっても、いい取り組みですものね。感動しました。」
 吹雪の中、わざわざ足を運んで下さった宗谷漁協女性部長の神さんは、笑顔で帰られました。

 3年間の学びをしっかり刻み込んだ『答辞』を胸に、来る卒業式を卒業生9名は立派にやり遂げてくれるだろう、そう確信できた『答辞発表会』でした。

ファイル 276-5.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー