記事一覧

転任のご挨拶

ファイル 281-1.jpg

 平成26年3月11日、第47回卒業生9名が宗谷中を巣立っていきました。ご来賓・卒業生保護者の皆さんからは、「よい卒業式でしたね」というお褒めの言葉をたくさんいただきました。
 参加された皆さんが心を動かされたのは、卒業生が3年間の宗谷中生活を通じて人間として確かに成長した姿や感動的な卒業式にしようと卒業生・在校生がそれぞれにその役割を果たそうとする真剣な姿を発見したからであり、そうしたやりとりの中で卒業生と在校生、卒業生と卒業担任との深い絆…それらのことをしみじみと感じていただけたからと思います。
 特に、卒業生『答辞』の中で伝えられた3年間の歩みは、子どもの成長の道筋を私たちによくわかる形で示してもらい、はっとさせられるものでした。自分の弱さや幼さに気づき、もがき悩み、仲間とぶつかりあいながらも、自分を高めることや仲間を信じることに向かっていった子ども達。そうしたことが、信頼できる自分をつくり、他者への理解を深め、夢や目標に向かう意志を形成することにつながりました。
 子ども達は意欲的にがんばることもあれば、失敗もします。気持ちよくつながり合える時もあれば、ぶつかり合うこともあります。それら全てが子ども達の成長の糧であると、卒業式を通じてわれわれ大人は改めて実感しあいました。

 ところで、子ども達があらゆることをその成長につなげられるのは、子どもを包む大人が子ども達を信じて待ち、手を携えあって見守るという環境があってこそです。
 宗谷中には、保護者と宗谷沿岸地域の中にそうした素晴らしい環境が存在します。
 卒業生は、皆さんに成長を支えてもらったと感謝を述べました。支えに気づき感謝できる卒業生を誇らしく思うと同時に、卒業生にそうした心を育んでくださった保護者と地域の皆さんに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

 そこで、感謝と言えば、私もです。
 この度、異動内示を受け、平成26年3月31日をもって稚内市立稚内東小学校への転出することとなりました。平成24年8月16日以来約1年8ヶ月間、保護者の皆さん・地域の皆さんに、たいへんお世話になり、支えていただきました。誠にありがとうございました。
 また、週1~2回程度でしたが、ホームページ上で『学校長日誌』を発信してきましたが、まとまりのない駄文にもかかわらず熱心にアクセスをいただきました。読者の皆さんにも心より厚く感謝申し上げます。
 宗谷中には2年に満たない、たいへん短い期間でしたが、富磯小も併せると宗谷沿岸では4年間の校長生活。そして、2年間の大岬小教頭生活を含めて計6年間、宗谷沿岸で温かく受け入れていただき大きな支えをいただきました。また、PTA活動・子育て連協・各地域行事等で様々な教えをいただき、多くのことを学ばせていただきました。
 管理職としてのあり方を1からご指導くださった各校保護者の皆さん、沿岸各町内会の皆さん、漁協関係者の皆さんには言葉に尽くせないほどの感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。
 今後も、宗谷中への熱い応援と、私に対する更なるご指導ご鞭撻をお願い申し上げ、転任にあたってのご挨拶と致します。

                   宗谷中学校
                      第16代 校長 鎌田 正之

平成25年度修了式

ファイル 280-1.jpg

 平成25年度の修了式は、3月25日に行われました。
 修了式では、3学期目標への取り組み状況の振り返りを通じて、1年間のがんばりと成長を確かめ合い、新年度に向けての意欲と決意をもちあいました。
 3学期の目標は、次の3つでした。
1.3年生は進路を実現しよう。
 1・2年生は新しい学年を自信をもって迎えられる自分づくりに努めよう。
2.『心優』をめざして、具体的に行動する自分、激励し合う関係を深めよう。
3.感動的な卒業式を創ろう。

ファイル 280-2.jpg

 3年生は見事に全員が第1志望で進路をかちとりました。
 1年生・2年生の「自分づくり」は、どうだったでしょう? 
 「自分磨き」の基礎学では、1年生では全員が全級シルバー以上合格を達成しました。2年生ではまだ全級合格になっていない人もいますが、休み時間などで合格に向けた努力が続いています。全級ゴールド合格の人も1・2年生の6割を超えています。自分磨きは進みました。
 また、担任の先生『通知票』に書いた所見からも自分磨きを発見できました。
「わからない問題を投げ出さずに、クラスメイトに質問できるようになった」
「活動の後片付けまでしっかりやり遂げる姿が見られた」
「合唱では、自ら進んで大きな声で歌い、周りの雰囲気を盛り上げた」
「全級合格後も、基礎学ノートは提出するという目標をたて、復習し、努力した」
「展示実行委員会で、自主的にがんばる姿が見られた」
「学級の話し合いで自分の考えをしっかり持ち、発言しようとする姿勢が見られた」
 「自分づくり」は進んだととらえあいました。

ファイル 280-3.jpg

 2つめと3つめの目標の達成度は、卒業式にその成果が現れています。
 来賓、小学校の校長先生、保護者から「よい卒業式だった」という言葉をたくさんいただきました。「感動をもらった」と言ってくれた人もいます。
 3つめの目標、「感動的な卒業式を創る」は、しっかり達成できました。
 「感動的な卒業式」は、卒業生のがんばりだけでは創りえませんでした。それは、1・2年生のがんばりがあってのことでした。準備段階、当日の、式に臨む1・2年生の姿・卒業生への視線・在校生合唱・全校合唱のがんばりが感動的な卒業式を創ったのです。

 また、1・2年生の姿・態度・懸命ながんばりの原動力は、卒業生への感謝の心であり、全校生徒で『心優』になろうとする意志・相互に激励しあう心の交わりであり、在校生同士の協力のしあい・力合わせです。それらは、2つめの目標の達成の姿です。
 卒業式を通じて、2つめ・3つめの目標が達成できたと確認し合いました。

 3学期の目標達成は、すなわち、この1年間、全校生徒がそれぞれに成長し、学力をつけ、心を育てたことの証です。
 きっと、1・2年生は、先輩として、最上級生として、胸を張って後輩を迎え入れることでしょう。そして、仲間を尊重し、信頼し合って手をつなぎ合う姿を、先輩として、新1年生にしっかりと見せてあげることでしょう。
 新年度が、今から楽しみです。

ファイル 280-4.jpg

 修了式の後には、離任式が行われました。
 そこには、離任する先生方の話をしっかり聴く宗谷中生の姿があり、お世話になった先生方への心をこめたお別れの言葉と歌声があり、アーチの中会場を去って行く先生方と子ども達の温かい交流がありました。
 こうした姿に、子ども同士はもとより、生徒と教職員が心を合わせてつくってきた宗谷中の1年間が凝縮しているように思いました。

 保護者と地域の激励と支えの中で、子どもが育ち、心が通い合う宗谷中。
 来年もまた、新しい顔ぶれで、生徒が主役の豊かな宗谷中教育が創造されることを信じています。

ファイル 280-5.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー