記事一覧

転任のご挨拶

ファイル 281-1.jpg

 平成26年3月11日、第47回卒業生9名が宗谷中を巣立っていきました。ご来賓・卒業生保護者の皆さんからは、「よい卒業式でしたね」というお褒めの言葉をたくさんいただきました。
 参加された皆さんが心を動かされたのは、卒業生が3年間の宗谷中生活を通じて人間として確かに成長した姿や感動的な卒業式にしようと卒業生・在校生がそれぞれにその役割を果たそうとする真剣な姿を発見したからであり、そうしたやりとりの中で卒業生と在校生、卒業生と卒業担任との深い絆…それらのことをしみじみと感じていただけたからと思います。
 特に、卒業生『答辞』の中で伝えられた3年間の歩みは、子どもの成長の道筋を私たちによくわかる形で示してもらい、はっとさせられるものでした。自分の弱さや幼さに気づき、もがき悩み、仲間とぶつかりあいながらも、自分を高めることや仲間を信じることに向かっていった子ども達。そうしたことが、信頼できる自分をつくり、他者への理解を深め、夢や目標に向かう意志を形成することにつながりました。
 子ども達は意欲的にがんばることもあれば、失敗もします。気持ちよくつながり合える時もあれば、ぶつかり合うこともあります。それら全てが子ども達の成長の糧であると、卒業式を通じてわれわれ大人は改めて実感しあいました。

 ところで、子ども達があらゆることをその成長につなげられるのは、子どもを包む大人が子ども達を信じて待ち、手を携えあって見守るという環境があってこそです。
 宗谷中には、保護者と宗谷沿岸地域の中にそうした素晴らしい環境が存在します。
 卒業生は、皆さんに成長を支えてもらったと感謝を述べました。支えに気づき感謝できる卒業生を誇らしく思うと同時に、卒業生にそうした心を育んでくださった保護者と地域の皆さんに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

 そこで、感謝と言えば、私もです。
 この度、異動内示を受け、平成26年3月31日をもって稚内市立稚内東小学校への転出することとなりました。平成24年8月16日以来約1年8ヶ月間、保護者の皆さん・地域の皆さんに、たいへんお世話になり、支えていただきました。誠にありがとうございました。
 また、週1~2回程度でしたが、ホームページ上で『学校長日誌』を発信してきましたが、まとまりのない駄文にもかかわらず熱心にアクセスをいただきました。読者の皆さんにも心より厚く感謝申し上げます。
 宗谷中には2年に満たない、たいへん短い期間でしたが、富磯小も併せると宗谷沿岸では4年間の校長生活。そして、2年間の大岬小教頭生活を含めて計6年間、宗谷沿岸で温かく受け入れていただき大きな支えをいただきました。また、PTA活動・子育て連協・各地域行事等で様々な教えをいただき、多くのことを学ばせていただきました。
 管理職としてのあり方を1からご指導くださった各校保護者の皆さん、沿岸各町内会の皆さん、漁協関係者の皆さんには言葉に尽くせないほどの感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。
 今後も、宗谷中への熱い応援と、私に対する更なるご指導ご鞭撻をお願い申し上げ、転任にあたってのご挨拶と致します。

                   宗谷中学校
                      第16代 校長 鎌田 正之

平成25年度のスタートに当たって

 週末の度に襲う暴風雪。降り積もる雪に、春はいつ来るのかと思っていた2月・3月。
 でも、春は着実に近づいてきました。気がつくと道路周辺の雪は消え、積雪も日に日に厚みを失っていきました。
 そして、暦は4月に。平成25年度の開始に当たり、ひと言、ご挨拶致します。

ファイル 183-1.jpg

  一人ひとりが、かしこく・やさしく・たくましく育つ宗谷中学校をめざして
  ―家庭・PTAと力合わせし、地域のご支援・ご協力に感謝しながら―

                       宗谷中学校 校長  鎌田 正之

 4月5日に着任式・始業式、8日には11名の新入生を迎えて入学式を執り行い、生徒34名と教職員14名、総勢48名で平成25年度のスタートを切りました。
 入学式には、町内会長さん・婦人部長さんをはじめとする地域の皆さん、畑PTA会長を先頭に保護者の皆さんのご列席をいただき、厳粛な中にも温かな眼差しに満ちた式にしていただき、新1年生も安心した表情で晴れやかに式場を後にしました。
 今年は、「一人ひとりが、かしこく・やさしく・たくましく育つ宗谷中学校」をめざしていきます。このことは、教職員の間だけではなく、始業式と入学式を通じて「学校の主役である」生徒達とも共通にしました。
 「かしこく・やさしく・たくましい」子どもは、宗谷沿岸の保育所から小学校・中学校の12年間で育てたい姿です。小学校まで、そして中1・中2で身につけた力をベースに、34名全員がさらに「かしこく・やさしく・たくましく」育つ1年にしていきます。
 また、生徒会では、互いのいっそうの心の通い合いや楽しい学校をめざし、「明るく元気に挨拶する運動」に力を入れています。どうか家庭・地域でも、子どもたちとの挨拶を通じた交流と激励をお願い致します。

 先日、本校の特色であり、地域の誇りを育てる―産業教育へのご支援のお願いに、宗谷漁業協同組合にご挨拶に伺いました。
 厳しい情勢の中にもかかわらず、引き続く支援を快諾していただきました。また、1年生が体験実習するエビ籠漁の許可申請についても受け取っていただきました。誠にありがとうございます。
 また、今週末から燻製作りを早速始めるのですが、材料のタコとホタテの調達についてご協力をいただけることになり、日程についてのご連絡も受けました。心から感謝申し上げます。
 子どもが、父親の仕事、地域の基幹産業である漁業の実際にふれるような体験的な学習は、実に価値あるものです。しかし、その学習は学校だけでは展開できません。まさに、地域のご支援とご協力があって成立する学習です。
 先般も、毎年エビ籠作りのご指導をいただいている、叶野さんにお会いした際、
「目が良く見えなくなったから、作る作業をするのは難しいんだ」
と言われ、ドキリとしましたが、
「教えるくらいならできるよ」という有難い言葉をいただいています。

 毎年、地域のご支援・ご協力があって成り立っている産業学習。学習の成立と様々なご支援・ご協力を、決して当たり前と思わずに、「感謝の心」で喜びたいと思います。

 平成25年度も、地域の期待に応える学校づくりを進め、家庭・PTAと力を合わせて子ども達一人ひとりの成長を図り、信頼をかちえるよう努力していきます。また、沿岸保小中連携・沿岸子育て運動の核となる宗谷中学校となるよう努力していきます。
 保護者・地域の皆様、どうかこれまで同様、学校への厚いご支援・ご協力、様々な機会において子ども達への大きな応援・励ましをいただけますようお願い致します。

ファイル 183-2.jpg

着任挨拶

ファイル 122-1.jpg

 8月16日付で、阿保前校長の後任として赴任いたしました鎌田正之と申します。前任校は、同じ宗谷沿岸の富磯小学校です。

 「我が母校」「地域の学校」として愛着と誇りを持たれている、宗谷中学校。宗谷中学校は、宗谷沿岸の未来を築く学校です。開校以来「水産教育」を展開し、子ども達の心に地域と漁業への誇りを形成し、後継者育成につなげてきました。このことは、沿岸地域の宗谷中学校に対する大きな期待と願いです。そのため、保護者も地域も学校への支援と協力を惜しみません。宗谷中学校は、家庭・地域とつながり、共同して歩む学校です。

 そんな素晴らしい学校に第16代校長として赴任できたことは、とても光栄なことです。しかし、大きな期待に応えねばならないと思うと、正直なところ責任の重さを感じます。でも、幸い、宗谷沿岸校勤務が宗谷中で3校目です。大岬小教頭で2年間、富磯小校長として2年4か月お世話になり、そして宗谷中へ。(沿岸史上初めてかも?)

 先日の挨拶まわりでも、多くの皆さんとすでに知った仲として出会うことができ、しかも笑顔で激励していただきました。とてもほっとしました。そして、思い出しました。これまでも、一人でやってきたわけではない。保護者や地域の皆さんに支えられてやってきた。また、私のもとには、頼りになる本間到教頭先生を始め熱心でがんばり屋の先生方がいる。さらには、立派な中学生として送り出そうと努力している3つの小学校の先生方もいる…

 素晴らしい地域で、たくさんの支えと励ましのある中で三たび働けることなった巡り合いに心から感謝し、子ども達の成長のために、家庭と地域の期待に応えるために精一杯努力していきます。

 どうか、宜しくお願い致します。

お別れのご挨拶

ファイル 118-1.jpgファイル 118-2.jpgファイル 118-3.jpgファイル 118-4.jpg

 いよいよ2学期が始まりました。保護者の皆様、地域の皆様そしてHPをご覧いただいております皆様、いつも宗谷中学校を応援していただき心から感謝しております。
 
 この度の校長異動に関わりましては、年度途中での異動ということで、多大なご心配やご負担をおかけすることとなり、誠に申し訳ない気持ちで一杯です。
 無理な日程でお願いをしました離任式にも大勢の生徒・保護者・地域の皆様に参加をいただきましたことに改めましてお礼申し上げます。
 
 本当に素敵な子どもたちと、温かな保護者・地域の皆様、そして愛情あふれる教職員と過ごすことができたことは、私にとって宝物となりました。皆様にいただいたエネルギーを、これから稚内中学校においても発揮していきたいと決心しております。
 
 昨日は宗谷中学校でも始業式でしたね。生徒の皆さん、仲間との「絆」を大切に、宗谷中学校がさらに素晴らしい学校になるよう力を合わせてください。「頑張れ宗谷中生!」
 
 昨年Webサイトがリニューアルして約9ヶ月が経過しましたが、今後とも応援よろしくお願いいたします。誠にありがとうございました。ここでお別れとさせていただきます。

第15代校長
阿保 哲

平成24年度スタートです!

 宗谷中学校は日本の最北端にある、全校生徒34名、教職員14名の中学校です。
 
 昨年11月に、HPがリニューアルされ、今日まで多くの方々にご覧いただきました。ありがとうございます。平成24年度のスタートにあたり、改めて学校の紹介をさせていただきます。
 
 宗谷中学校は昭和42年9月、富磯、宗谷、大岬の3校が統合して「宗谷中学校」として新設されました。その当時生徒数は205名を数えました。この年、現在の校章が制定され、さらに昭和43年7月10日、稚内市教育委員会より「産業教育実践研究校」の指定を受けました。以来44年間、地域に守られ、育てられてきた「ふるさとに学ぶ産業教育」が本校の最大の特徴です。
 
 現在の校舎は、平成13年「明るい21世紀を築くふるさと宗谷の学舎を」という生徒、地域、教育関係者の願いのもと新築されました。
 
 自然の環境は夏でも最高気温が25℃を超える日はほとんどなく、四季を通じた強風や冬のブリザードなど、極めて厳しい中にあります。
 
 特に今年の冬は、かつて経験したことのないほどの寒さと積雪がありました。4月に入っても吹雪模様の日があり、記憶に残る新年度のスタートとなりました。
 
 平成24年度は新学習指導要領が全面実施される年です。改訂の目的は、確かな学力、豊かな心、たくましい心と体をより確実にはぐくむことです。 
 
 宗谷中学校ではこの大きな節目を機会に、学校の指針であります校訓・学校教育目標を改訂することといたしました。

 新たな校訓は『至誠友愛』(しせいゆうあい)です。真心を大切にし、志を持ち、誠実であるための心の強さを持つこと、そして仲間との違いを認め、尊重し、相手を思いやり、心の絆を強めていく。そそういう子どもたちに育って欲しいという願いが込められています。

学校教育目標は  
○高い理想を持ち自ら学ぶ生徒の育成   
○自分を愛し他者を大切にする生徒の育成
○心身ともにたくましい生徒の育成

の「知・徳・体」の三本柱とし、この目標の具現化に向け、全教職員、保護者、地域の方々が教育のパートナーとして力を合わせていきます。
 
 また、私たち教職員は、これからも「生徒一人一人を大切にする宗谷中学校」を柱として、「地域とともにある」学校づくりをすすめていきます。
 
 サイトを立ち上げて4ヶ月ほど経過しました。さらに内容を充実させていきたいと考えておりますので、応援よろしくお願いいたします。

平成24年4月4日
第15代校長
阿保 哲

○流氷が入った宗谷海峡。遠くにサハリンが見えます。 

ファイル 46-1.jpg

宗谷中学校Webサイトへようこそ

 宗谷中学校は日本の最北端にある、全校生徒28名、教職員16名の中学校です。

 この度Webサイトがリニューアルされたのを機会に、改めてご紹介させていただきます。
 
 宗谷中学校は昭和42年9月、富磯、宗谷、大岬の3校が統合し「宗谷中学校」として新設されました。その当時、生徒数は205名を数えました。この年、現在の校章が制定され、さらに昭和43年7月10日、稚内市教育委員会より「産業教育実践研究校」の指定を受けました。以来44年間、地域に守られ、育てられてきた「ふるさとに学ぶ産業教育」が本校の最大の特徴です。

 現在の校舎は、平成13年「明るい21世紀を築くふるさと宗谷の学舎を」という生徒、地域、教育関係者の願いのもと新築されました。

 自然の環境は夏でも最高気温が25度を超える日はほとんどなく、四季を通じた強風や冬のブリザードなど、極めて厳しい中にありますが、心の環境は、子どもを達を温かく見守り、力強く応援することが根付いている素晴らしい地域です。

 生徒は、笑顔がとても似合い、仲間との心の絆を何より大切にする素敵な子どもたちです。自分たちで定めた「生徒会憲章」をもとに、誰もが学校に来るのを楽しみにできる理想の学校を創り上げようと力を合わせています。

 私たち教職員は、これからも「生徒一人一人を大切にする宗谷中学校」を柱として、「地域とともにある」学校づくりをすすめていきます。
 
 サイトを立ち上げたばかりです。これから内容を充実させていきたいと考えておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。

宗谷中学校 第15代校長
阿保 哲

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ