記事一覧

文化祭に向けての燻製作業

さまざまあって、久しぶりの更新です。

ファイル 347-1.jpg

 9月24日と25日に、文化祭に向けたホタテの燻製づくり作業を実施しました。
 今年度最後の燻製づくり作業となります。

ファイル 347-2.jpg

 24日(木)は、2年生と3年生が解凍ホタテをそれぞれの部位に分け、ウロなどをピンセットで取り除く作業を行いました。
 そしてその後、本校特製の味付け液に浸し、一晩寝かせておくことになります。

ファイル 347-3.jpg
ファイル 347-4.jpg

 25日(金)は、1年生による乾燥作業です。天候にも恵まれ、天日干しをすることができました。
 この後の燻煙作業は、主に先生方の作業になります。出勤前、昼休み等、それぞれが分担して燻煙状態を確かめに水産実習棟へ通います。
 既に保健所への提出も終了しました。
 これからの作業は、燻煙が終わったホタテのパッケージングとなります。

 今年度の文化祭は10月18日(日)に開催します。
 誰もが楽しめる企画、質の高い発表を目ざして、全校一丸となって準備を進めているところです。当日は、是非、お立ち寄り下さい。

各学年共に充実した活動ができました

 1年生と2年生は8日と9日は宿泊研修でした。そして3年生は6日から9日まで修学旅行でした。
 それぞれに充実した活動を行うことができたようです。

ファイル 346-1.jpg
ファイル 346-2.jpg

 1年生は農作業体験として野菜の収穫やイモの収穫作業を行いました。川遊びも堪能したようです。

ファイル 346-3.jpg

 2年生は所場体験活動です。仲間の体験を取材するステキな企画も生まれました。

ファイル 346-4.jpg
ファイル 346-5.jpg

 3年生修学旅行初日は、スーパーでの販売体験です。宗谷産のホタテやタコ、そして自分たちがつくった燻製を販売しました。
たくさんのお客さんが集まりアッという間の完売だったそうです。

子育て平和の日記念式典

ファイル 345-1.jpg

『今年で終戦70年になり、平和であることが日常になっています。私たちは生徒会スローガン「支え愛」を達成し、全校生徒32名が毎日楽しく過ごせる学校を創ります。そのために、一人ひとりが互いを尊重すること、思いやることを大事にします。そして、この平和な日々がいつまでも続くように努力していきます。』

 これは「稚内市子育て平和記念式典」において、本校生徒会長が発表した決意表明全文です。

ファイル 345-2.jpg

 今日は9月1日です。
 1983(昭和58)年の今日、サハリン沖上空で、大韓航空旅客機が旧ソ連の戦闘機によって撃墜され、乗員乗客269名全員の尊い命が奪われるという大事件が起きました。
 宗谷岬から沖合を眺めると、すぐそこのように感じます。
 私たちの住む稚内市は、この事件をきっかけに、1986(昭和61)年『子育て平和都市宣言』を採択し、今日まで、平和学習をはじめとする様々な取り組みを進めてきています。
 
ファイル 345-3.jpg

 宗谷中学校では、毎年、1年生が式典に参列し、犠牲になられた方々のご冥福を祈るとともに、平和な世の中が続くよう祈りを捧げてきています。
 

花言葉は「思いやり・心づかい」

ファイル 344-1.jpg

 宗谷岬公園の「祈りの塔」の前に、たくさんのアルメリアが植えられています。シーズン盛りには、小さく可愛らしいピンク色の花が一面に咲きます。「日本最北の地の碑」近くにも植えられています。
 アルメリアの和名は『浜かんざし』、花言葉は『思いやり・心づかい』です。

ファイル 344-2.jpg

 この花壇は、宗谷岬の沖合で起きた大韓航空機撃墜事件(1983年9月1日)で犠牲になった多くの人々の慰霊と、二度とあのような事件を繰り返さない平和な世の中を願って、宗谷漁組女性部の方々が、長年、植栽と維持管理に取り組んでこられたものです。
 宗谷岬公園には、先の戦争に関連するさまざまはモニュメントがあります。アルメリアの花を通して、命の尊さや平和の尊さに思いを寄せることも、大事なことだと思います。 
 また今年も、わずかな時間でしたが、全校生徒でアルメリア花壇整備のお手伝いをすることができました。
 もうすぐ9月1日です。稚内市「平和の日」です。
 本校では1年生が「平和記念式典」に参列します。
 
ファイル 344-3.jpg

 へき地級見直しにかかわる署名が200筆を越えました。保護者、地域のみなさんのご協力に感謝します。ありがとうございました。

全員全力宗谷中生の南中ソーラン

ファイル 343-1.jpg

 22日(土)、南中ソーラン全国交流祭が北防波堤ドーム公園イベント広場で開催されました。
 今年度は、3年に一度の「全国交流祭」ということで、沿岸3小学校と宗谷中学校の4校合同チーム(「最北沿岸合同チーム~華~」)で参加しました。
 少ない合同練習の機会でしたが、中学生がリーダーシップを発揮し練習に取り組んできました。未来の宗谷中生に、カッコいい現役宗谷中生の姿を見せることができたと思います。

ファイル 343-2.jpg

 当日は、多くの保護者の応援を力とし、力強い踊りを披露することができました。大きなステージに立つ緊張感、そこで力いっぱい踊りきった達成感や充実感は、今後の新たな頑張りへ活かされていくものと確信しています。そのことを最後のポーズを決めた一人ひとりの表情が雄弁に物語っていました。

ファイル 343-3.jpg

 ご指導いただいた白川さん(宗谷小)そして岩本さん(地域)、ありがとうございました。この場を借りて、お礼申し上げます。

ファイル 343-4.jpg

挑戦の第2学期に

 学校に賑やかさが戻ってきました。
 今日(19日)から第2学期が始まります。

 『失敗したところで止めてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければ、それは成功になる。失敗しても諦めるな。成功するまで続ければ失敗にならない。』
 
 始業式において、松下電器パナソニックの創業者である松下幸之助の言葉を紹介しながら、生徒たちに次のように話しました。
 『第2学期第3節の大きな取り組み課題は、文化祭に向けて、みんなの「力合わせ」で、より質の高い、中身のある活動を創っていくこと。失敗を恐れず、新しい発想や工夫を大事にして、生徒会憲章にある「どんな時も挑戦し続ける学校」を目ざしていってほしい。先生たちはその頑張りを全力でサポートする。』

 文化祭2015のテーマは「支え合い~頭で考える<心でキャッチ~」です。

 第2学期も、教育活動の充実に向けて、宗谷中教職員集団の心をひとつに頑張りますので、ご支援をよろしくお願いいたします。 

ファイル 342-1.jpg

テレビ局が来た!

ファイル 341-1.jpg

 今年の「24時間テレビ愛は地球を救う」(日本テレビ系列)の番組テーマは〝つなぐ〟だそうです。全国から「つなぎたい想い」をタスキに託し、チャリティマラソンのスタート地点に届けるという番組企画に、本校生徒たちも協力しました。
 宗谷岬をスタートしたタスキに各学年の想いを込めて、間宮林蔵渡樺出港の地から稚内市副港市場までの約30kmを走り抜けました。

ファイル 341-2.jpg
 前日には、学校へもテレビ局の人が取材に訪れていました。
 8月22~23日の放送では、タスキをつなぐ場面とともに、本校のことが紹介されるかもしれません。

ファイル 341-3.jpg

地区中体連

ファイル 340-1.jpg

 自分自身も、バレーボール、バドミントン、野球等々、運動部の監督顧問をしてきました。管内中体連大会では、勝った喜びそして負けた悔しさを、数え切れないほど経験してきました。随分以前ですが、町内予選で敗れ、管内大会に出場できないこともありました。
 最後の管内大会は、打者2人、わずか4球、ワイルドピッチの1点、7回1-0で敗れ去りました。

ファイル 340-2.jpg

 7月11日~12日、宗谷地区中体連球技大会が開催され、グランドあるいはコートで熱い試合が繰り広げられました。
 宗谷中学校の部活動は、野球部、羽球部、そして卓球部です。少人数ながら、それぞれに今大会を勝ち上がることを目標に、日々の練習に取り組んできました。結果は…(涙)。

ファイル 340-3.jpg

 生徒たちは、ひとつ勝つことの難しさ、そしてその勝ちを積み上げていくことの大変さを、改めて体感することができたのではないでしょうか。これも大事な学びだと思います。
 各部活動、新体制で来年度の大会を目ざします。

ファイル 340-4.jpg

 卓球個人戦ベスト8の美咲さんが、今月末の31日から、中標津町で行われる全道卓球大会に出場します。

「折り鶴」と「祈りの塔」

 今日7月7日は七夕の日です。
 階段の手すりには全校生徒の願いが吊されています。
 「管内中体連でヒットを打てますように」「中体連で3球目攻撃が成功しますように」という願いもあれば、「お父さんに怒られませんように」というものもあります。「ドラえもんが引き出しから出てきますように」という願いも見つけました。

ファイル 339-1.jpg

 今年も「平和折り鶴祭り」への協力依頼がきました。
 昨年は18万5千羽の折り鶴が、中央アーケード街に飾られたそうです。
 この取り組みは、1986(昭和61)年の稚内市『子育て平和都市宣言』まで遡ることができます。それは、1983(昭和58)年に起きた大韓航空機撃墜事件がきっかけとなっています。歳月の経過とともに記憶が薄れていくことは、ある意味、仕方のないことかもしれません。しかし、だからと言って、風化するままにしていて良いはずもありません。

ファイル 339-2.jpg

 6校時、全校生徒を対象に「平和学習」を実施し、平和への願いを込めながら鶴を折りました。
 『「折り鶴」と「祈りの塔」にはどのようなつながりがあるのだろうか』と学習課題を設定し、4人8グループの縦割り小集団活動も取り入れながら学習を進めました。
 教頭Tが「朝の打ち合わせ票」に『風化させないだけでなく、息づかせること』と書いてくれています。その通りです。

ファイル 339-3.jpg

 短冊の中には「世の中が平和でありますように」というものもありました。
 学校生活における「平和」…それはまさしく『生徒会憲章』に記されている内容であることを再確認できた平和学習でした。

ファイル 339-4.jpg

『生徒会憲章』を活かした学校づくり

ファイル 338-1.jpg

 宗谷中学校には、いわゆる文章化された校則や決まりは見当たりません。それは『生徒会憲章』(2008年制定)に示されている理念に全てが内包されているからです。
 しかしながら、『生徒会憲章』が制定されて7年の歳月が経過しています。歳月の経過とともに、『生徒会憲章』に対する意識は薄れ、形式的な取り組みに陥ってしまうことは、ある意味、仕方のないことかもしれません。
 昨年度末の振り返り活動において、「全く身近な憲章になっていない」「ポスターとして掲示しているが、景色みたいなものになっている」等々と、生徒たち自らが振り返っていました。

 『生徒会憲章』前文です。
 「いじめがなく、みんなが学校に来るのを楽しいと思えるように学習やさまざまな活動など学校生活の意欲を高め、それを通じて友達とのコミュニケーションの輪を広げることを願ってこの憲章を定めます。」
 そして、理想とする3つの学校像をめざした「生活づくり、活動づくり、学習づくり」を呼びかけ、最後に、学校づくりの主役としての「決意」が示されています。
 今年度、生徒会では『生徒会憲章』意識運動を展開しています。5月は運動会に向けて、◎あきらめない!、◎Let’s 提案、◎励まし合う!という行動を全校生徒に提起しました。そして6月は学期末テストを意識して、「やる気100%の学習づくり」として、自主学習に取り組もう、姿勢を正して授業に集中しようと呼びかけていました。

ファイル 338-2.jpg

 昨日(2日)、生徒指導研究協議会に参加してきました。
 宗谷中学校にいじめや不登校の実態はありません。
 今年度取り組んできている「『生徒会憲章』を活かした学校づくり」を生徒と一緒に進めていくことが、これからもいじめや不登校を生み出さない学校づくりであることに確信を得てきました。
 学期末テストが終了し、昨日から宗谷地区中体連大会に向けての時間延長練習が始まりました。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー