記事一覧

教室前の掲示物

ファイル 80-1.jpg

 3年生の廊下に、11人の赤ちゃんの写真の載った掲示物がある。
 家庭科で「保育」についての学習で取り扱っているもの。自分はどんなふうに生まれ、家族の愛情や周りの愛情に支えられてきたかを、親への聞き取りを通して振り返る学習内容。

 名前の由来、一人歩きした時期、その頃のエピソードや家族の気持ち、聞き取り後の自分の感想等が丁寧にまとめられている。

 「家族の気持ち」には、『生まれてくれてありがとう』『待ちわびていた』『家族全員が喜んだ』『抱っこの奪い合いをした』等、親の愛情が直接伝わってくる。
 また、「一人歩きの時期」を幸せな記憶として覚えていることにもジーンとくる。
 
 聞き取り調査を終えた生徒の感想には、「家族みんなが楽しみにしていたと聞いて嬉しかった」「名前の由来を初めて知った」「自分が思っていた以上に大事にされていた」等、親の深い愛情、家族の喜びを感じ取ることができている。
 いつか自分が親になったとき、本当の意味で子どもを愛することの喜びを理解する。

女子バレーオリンピックへ

 全日本女子バレーチームがオリンピック出場を決めた。3大会連続のオリンピック出場。ものすごい重圧の中で苦しみ抜いての出場権獲得。

 去年の世界選手権では熱戦の末3位となり、久しく獲得していないオリンピックでのメダルにも期待が膨らんでいる。
 監督は「メダルに挑戦したい」と目標を掲げ、主将も「切符は取れたので、あとはやるだけ」と力が入る。

 ブロックされても、レシーブされても気持ちを込めてアタックを打ち続けるプレーヤー。相手のパワフルな攻撃に食らいつくレシーバー。
 コートの中でこれだけのプレーができるということは、普段どれほどの修練をしているのだろう。私達には計り知れない過酷な練習と徹底した健康管理を乗り越えてきているのだろう。

 子どもたちに何度か「コートの中に生活あり、コートの外に勝負あり」ということについて話をしてきている。その実践をテレビを通して見せてもらっている。
 2ヶ月後のオリンピックへ出場して感動と勇気を子どもたちに、私たちに与えて欲しい。

ファイル 79-1.jpg

○海岸線から見た利尻島

次の目標に向けて

 振り替え休業日の明けた29日。運動会の成功をたっぷり味わった後は、次のステップに向けて気持ちを切り替えスタート。

◇教頭先生の朝の打ち合わせ票から
 『運動会お疲れ様でした。生徒と保護者の「笑顔」が印象的な行事でした。寒さの中でしたが、参加者全員が「できて良かった」という思いが共通していました。また一歩学校が前進しました。次は中体連へまっしぐらです』

ファイル 78-1.jpg

 市内中体連球技大会まで約2週間。本校は野球、卓球、バドミントンの3種目に出場する。3年生にとっては残り少ない貴重な「現役」の期間。一つ一つの練習に集中し、「たくましい」力をつけて欲しい。
 
 保護者・地域の皆様、応援よろしくお願いします。

第44回大運動会

 多くの応援団の方々に足を運んでいただき今年度の運動会が開催された。
 
 運動会が予定通りできたことが最高!寒さを予想して、テントに石油ストーブを設置してくれたり、保護者用のテントにはコンロで炭をおこして配置してくれたりと、細部にわたるまで配慮していただいている。本当に心が温まる。周りに支えられていることをこういう場面でも実感する。

ファイル 77-1.jpg

 子どもたちの表情がいつも以上に輝いている。全員で力を合わせ、運動会を成功させようと苦労と工夫を重ねながら今日を迎えた。乗り越えるハードルが高いほど、得る感動は大きい。

ファイル 77-2.jpg
 
 保護者の応援も最高!今年の運動会では特に父親達の「本気」を感じた。本気になって応援、本気になって種目に参加、本気になって大笑い。また、初めてのことだが、父親達自ら長縄跳びの回し手を買って出てくれた。
 来賓の方が、生徒と教師の動きの速さに感心してくれていた。次への励みになる評価。

ファイル 77-3.jpg
 
 閉会式が終わった後の生徒のほっとした表情。ある生徒に聴くと、「全部良かったけど特に全校リレーが本当に良かった。感動した」と話してくれた。

ファイル 77-4.jpg
 
 みんなで素晴らしい運動会をつくりだしたことに誇りをもち、最高の一瞬をつくりだせたことに胸をはり、そして今日の成果を次のステップへのエネルギーにして欲しい。

運動会総練習・テント設営

 今週になって、良い天気が続いており、予定通り運動会練習をすすめてきた。
 今日は総練習で子どもたちは、さらに気合いが入っている。開会式や閉会式を含め一通り練習をする。
 苦労しながら練習を重ねてきた「応援合戦」も本番が本当に楽しみ。
 後は心と体を静かに整えて明日に備え、全員で運動会を楽しもうと呼びかけた。

ファイル 76-1.jpg

○全力で走る生徒をシカが2頭応援している。


 そして、いよいよ本日の締めは、父親達によるテント設営。
 2年前、初めて見たときの驚き。その組織的な動きと、スピード、そして見たことのない頑丈な「テント」

ファイル 76-2.jpg

 今日も、ものすごい勢いで「タンカン」が組み立てられ、あっという間に出来上がる。この作業も沿岸校の特徴的な応援活動。本当に頼りになる父親達。

ファイル 76-3.jpg

応援メッセージ

 明日は運動会総練習。学校のリーダーである3年生へ学級便りを通して担任からのメッセージ。

 【総練習を目前にして、「間に合うのか」「大丈夫かな」と不安が出てきているように見えますが、運動会を成功させるには、運動会という行事全体を『楽しむ』という気持ちを忘れないでほしいです。
 
 忙しくて大変な時こそ、初心に返りましょう。そうすると自然と表情が良くなったり笑顔が出たりします。みんなの良さである明るさと元気の良さを残り3日間でフルに発揮し、本番を迎えてほしいです。それができれば、下級生の心に残る3年生の背中を見せられるでしょうね!

ファイル 75-1.jpg
 
 つらい時こそ…ピンチの時こそ…笑顔で楽しめる先輩っていたらすごいよね。そんな先輩にあなたたちならなれるはずです。】

 今日は放課後もバス時間まで最後の調整をする。あと2日。「できることは全部やりきった」と思えたとき、子どもたちの笑顔は本当に美しい。

運動会まで3日

 運動会まであと3日。子どもたちの表情からは、運動会の成功に向けての真剣な思いが伝わってくる。

ファイル 74-1.jpg

 今日は「全校ジャンプ」の練習で、今までで最高の14回に到達。本番に向けて益々熱が入る。
 練習場面でも気を抜かないのがとても良いところ。リーダーの指示への反応も素早い。

ファイル 74-2.jpg
 
 ここ3日間は天気も良好で、グラウンドに続く坂には桜が咲いており、最北端の春を実感する。応援合戦も完成は近い。26日、好天になる。

前期保小中交流会

 今年度、前期の「保育所・小学校・中学校交流会」が宗谷中学校で開催された。
 5校時、中学校の授業を参観する。1年生は理科、2年生は国語、3年生は社会。

ファイル 73-1.jpg

 その後、4つのグループに分かれて分散会を行う。討議の柱は、『沿岸の願いである「やさしく」「かしこく」「たくましく」未来を拓く宗谷の子どもを育てるために』というテーマ。

ファイル 73-2.jpg
 
 特徴的なのは、各グループに、保護者、地域の方も積極的に入ってくれること。
 分散会の内容では特に「たくましく」の部分で多くの意見交流がなされた。学校や親や地域は子どもを「たくましく」育てるためにどう力を合わせるのか。
 
ファイル 73-3.jpg

 あるグループでは、地域の方から、子どもに一番つけて欲しい力は「生き抜く力」だという意見も出された。また、成功経験が多く、失敗経験の少なさから、困難を乗り越える力がつかない。等、本当に貴重な考えが出された。

ファイル 73-4.jpg

 交流された事項を整理し今後の指導に役立てていく。11月に計画されている後期の交流会で今後の取り組みについてさらに深める。
 保育所・小学校・中学校の12年間をかけて「やさしく」「かしこく」「たくましい」子ども達を育てるために、これからも保護者・地域・学校は知恵を出し合い、力を合わせる。

クリーン作戦

 日曜日、宗谷沿岸では各地区で「宗谷路クリーン作戦」が行われる。主に国道沿いに落ちているゴミや海岸に漂着しているゴミを、地域総出で拾い集める。

ファイル 72-1.jpg
 
 学校のある「第一清浜」も朝9時に会館前に集合し、二手に分かれて作業を開始する。約一時間半、子どもから若者、大人まで協力して「きれいな地域」にするため汗を流す。市役所の職員も積極的に力を貸してくれる。

ファイル 72-2.jpg

 集まったゴミは昨年と同じくらい。トラック3台分にもなる。子どもたちの目にはどう映っているのだろう。一人一人のマナー向上でかなり減るはず。そんな社会になるよう大人は見本を見せ、そして知恵を出し合わなければならない。

ファイル 72-3.jpg

母親の力

 「父親の力」に続き今日は「母親の力」。
 
 17日、母親達が2階家庭科室に集まってくれる。目的は10月に行われる、文化祭の展示物を作成すること。

 研修部の呼びかけで、きれいなフラワー・アレンジメントを母親の人数分だけ作成し、生徒の激励に役立てる。 作成中、実に楽しそうに作業をすすめる。我が子を含めた、子どもたちのために力を合わせる。本当にありがたい。

ファイル 71-1.jpg 

 その後、楽しい給食の試食会。木曜日は「麺」の出る日。今回はスパゲティー。学校給食の改善・充実のために全員がアンケートに協力してくれた。そこには給食センター職員への感謝の気持ちが書かれている。そして「野菜・サラダを」という意見。さすが。

 母親の出番は本当に多い。学校行事の度に朝早くから、または何日もかけて子どもたちのために、学校のために明るく協力してくれる。

ファイル 71-2.jpg

○いつもご協力ありがとうございます。もうすぐ子どもたちの楽しみにしている「運動会」です。昼食の準備等でまたお世話になりますが、よろしくお願いいたします。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー