記事一覧

『笑顔 つながり 感動』の学校づくりの始まり

 寒の戻り…冷たい風が吹いています。
 今日、4月7日(火)、平成27年度新学期が始まりました。
 本年度、小林教頭先生、戸田先生、田中先生、中島先生、そして久田さんを新たに迎え入れました。宗谷中に新しい風を吹き込んでくれることを期待しています。
 始業式で、新2年生と新3年生に、次のように話しました。
 『宗谷中学校には管内や全道に誇れる活動があります。それらの活動の中で、みなさんが担い、果たさなければならない役割を考え、できることから実行していって欲しいと思います。ただし、それぞれの活動の基盤は日常生活にあることを忘れないで下さい』と。
 そして、野球部通信No.1から次の部分を引用紹介しました。
 『先輩「ぶる」のではなく先輩「らしく」。口先だけの軽い言葉ではなく、2・3年生の考動が1年生がこの宗谷中学校で歩んで行く道となる。』
 1年生学級担任から2年生・3年生への期待を込めたメッセージかもしれません。

 写真:新2年生
 ファイル 326-1.jpg

 本年度も学校教育目標の具現化に向け、【めざす学校】を『一人ひとりの生徒が、かしこく・やさしく・たくましく育ち合う宗谷中学校』と設定し、【3つの創る・教育活動3つのキーワード】の実現に、全教職員心ひとつに全力で取り組んでいきます。
 保護者さらに地域や関係者のみなさん、本校教育活動へのご支援をよろしくお願いいたします。


【学校教育目標】
 〇高い理想を持ち自ら学ぶ生徒の育成
 〇自分を愛し他者を大切にする生徒の育成
 〇心身ともにたくましい生徒の育成
【3つの創る・教育活動3つのキーワード】
 1/ 「確かな学力」を身につけ、学び合いのある「わかる授業」づくり
 2/ つながりと安心感、相互激励のある学級・仲間づくり
 3/ 保護者・地域・生徒に信頼される、達成感と感動のある楽しい学校づくり
 『笑顔 つながり 感動』

 明日の入学式、13名の新入生を迎え入れます。

平成26年度の締めくくり

 まさに彼岸荒れ。
よもやの始業時間の変更。国道が片側しか除雪できていないのであれば、スクールバスの安全運行も危ぶまれる…と判断しました。
 24日(火)、修了式を行い、平成26年度を締め括りました。
 修了式の中で、1年生は「宗谷中の顔に、新3年生をしっかりサポートできる中堅学年になりたい」と、2年生は「最高学年を自覚して自ら動けるように、下級生の手本になる」と進級に向けての決意を発表してくれました。
 平成26年度、生徒たちの頑張りはもちろんのこと、生徒の側に立って奮闘し続けた本校教職員、そして保護者・地域のみな様の大きな支えの中で、安定充実した学校経営と教育活動を推進することができました。みんなで今年度1年間の成果を喜び合いたいと思います。
 問題はないとしても、何かしらの課題はあります。
 平成27年度、生徒が主人公として頑張り合え、一人ひとりが確かな成長の手応えを得られるように頑張っていきたいと、いま思いを新たにしているところです。今年度と変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。
 
 ファイル 325-1.jpg

 この度の人事異動で5名の教職員が本校を去り新任地へ赴くことになりました。宗谷中での頑張りに感謝するとともに、新任地での益々の頑張りに期待しています。

それぞれの夢に向かって

ファイル 324-2.jpg

 明け方には吹雪もおさまり、3月11日、予定通り、
 第48回卒業式を挙行することができました。
 ご臨席いただいたたくさんのご来賓の方々、そして保護者のみなさんに、改めて感謝申し上げます。

 ファイル 324-1.jpg

 以下は、送辞の結びの部分です。
 「これから進んでいく先には悩み、立ち止まることもあると思います。そんな時には宗谷中学校で学んだことを思い出して下さい。辛いことや苦しいことも一緒に乗り越え、強い絆で結ばれた仲間がいます。仲間との絆は新しい一歩を踏み出す勇気になります。3年生のみなさんが自分の個性を活かし、ご活躍されることを楽しみにしています。それぞれの道へ向かって頑張って下さい。」

 そして答辞です。
 「私たちの中学校生活は、辛いこと、楽しいこと、様々な出来事がありましたが、卒業を迎える今となっては、その一日一日すべてが大切な思い出となりました。」

 14名の卒業生が、宗谷中学校での成長の確かな手応えとあふれる思い出を胸に、それぞれの夢に向かって巣立っていきました。

答辞発表会

  窓から差し入る陽光の温かさに春の訪れを感じることができる季節を迎えています。公立高校入試も終わり、いよいよ卒業式が明後日となりました。

 ファイル 323-1.jpg

 9日(月)、本校恒例となっている「答辞発表会」を開催し、 14名の卒業生一人ひとりが、宗谷中学校での3年間を振り返り、それぞれの思いを語ってくれました。

 講評でステキだったことを3つ話しました。
 ひとつ目は、どの発表も、宗谷中学校3年間での自分自身の成長や変化をとらえ、それを自分の「ことば」で発表できていたこと。
 ふたつ目に、それぞれの成長や変化が、周囲の人とのかかわりの中で得られたことへの気づきが語られていたこと。しかも、多くの人の支えがあって得られたことへの感謝の言葉とともに語られていたことがステキでした。
 そして、3年生の発表をしっかりと受け止め、伝統を引き継いでいく決意を発表できた1・2年生の感想発表もステキでした。

 宗谷中学校第48回卒業式は、3月11日(水)午前10時開式です。感謝と祝福の気持ちがあふれる卒業式にしていきたいと思います。

ファイル 323-2.jpg

新入生入学説明会

 本日13日、4月入学予定の沿岸3小学校6年生とその保護者を対象に「入学説明会」を実施しました。

ファイル 322-1.jpg

 新入生には、宗谷中の宝のひとつである「生徒会憲章」を紹介しながら、同じ学校・一緒の学級の仲間として、目指す学校の姿の実現に向けて力を発揮して欲しいと話しました。

ファイル 322-2.jpg

 また、保護者に方々には、今日のこの機会が、学校と保護者との力合わせのスタート、第一歩になればとの願いを伝えました。

ファイル 322-3.jpg

 宗谷中学校の「入学説明会」では、学校(生徒会等)からの一方的な説明だけではなく、新入生との交流する場面ももうけられています。1日でも早く、新入生と在校生が打ち解けられるようにとの工夫のひとつです。グループ交流において、新入生一人ひとりが、緊張しながら、照れながら、在校生の質問に答えていたようです。

 何かの手違いか、「更新履歴」が作成できなくなってしまいました。ツールバーにあるはずのものがどこかへ消えてしまったようです。

支え愛

ファイル 316-1.jpg

 生徒会新執行部が考えた全校スローガンは、『支え愛~自分も相手もたいせつに~』というものです。生徒総会議案書には次のように書かれています。
 『設定理由:どんな時でも支え合い、相手を思いやれる宗谷中生になろう!という願いを込めて設定しました。』大事なことだと思います。
 生徒玄関に横一文字として掲示されました。

 12月1日の全校集会では、生徒会新執行部の願いを受けとめて、次のように話しました。
 
  〝思い〟は〝ことば〟で伝え合います。〝ことば〟はそ のままではいつか消えてしまいます。消さないためには〝かたち〟としていくことが大事です。
   是非、4人の〝思い〟をしっかりと受けとめて欲しいと  思います。
   『生徒会憲章』も、「宗谷中学校の誇りであり、宝である」 と思っています。みなさんの先輩たちが築いたステキな財 産をさらに実りある〝かたち〟にしていって欲しいと思いま す。

 現在、「支え愛」を意識して生活するための「支え愛運動」が展開中です。
 「支え愛運動」とは、①いろいろな場面で、お互いにほめあおう。②みんなが笑顔で過ごせるように、気遣いを大切にしよう。③励ましたり、注意したりする声かけをしよう。
 15日の全校集会で、各学年の取り組み交流が行われる予定です。

稚内市長からの励まし

ファイル 314-1.jpg

$FILE1

 14日(金)の日刊宗谷。『宗谷中生が成果報告 地場産業の勉強工藤市長へ』の見出しで、市長訪問のようすが紹介されていました。

 ファイル 314-2.jpg

 学校経営計画「宗谷中の教育」には次のように書かれています。

◇特色ある教育活動 ふるさとに学ぶ産業教育
 本校の最も特色ある教育として位置づけられてきた「ふるさとに学ぶ産業教育」は昭和43年以来、稚内市をはじめ、宗谷漁業共同組合、地域や保護者の大きな支援により継続されてきた宗谷中の誇りであり、地域の宝である。

 先日の学校評議員会でも、『産業教育を柱に、学校の発信力や生徒の表現力などをさらに高めていって欲しい。誇りと自信を持つこと。』と、激励の言葉をいただいたところです。
 今年度の活動の集大成でもある「水産タイム発表会」を11月21日(金)13:25より行います。多くの方々の参観が、生徒たちへの大きな激励になります。ご来校をお待ちしております。

文化祭終了

 ファイル 312-1.jpg
 19日(日)、宗谷中学校文化祭2014を開催しました。
 午前中の「チビッコ広場」などの企画には、保育園児からお年寄りまで、たくさんの来校者で大賑わいでした。そして午後は、各学年の工夫を凝らしたステージ発表で盛り上がりました。
 近日中には、HPトップに、文化祭のようすを撮した写真がアップされることと思います。

 生徒たちの頑張りはもちろんのこと、その頑張りを引き出した教職員みんなの頑張り、そしてバザーにおけるお母さん方の頑張り、ステージ発表に大きな激励の声援を送ってくれた保護者・地域のみな様の支えで、「心優(しんゆう)~みんな笑顔!みんな主役!~」が校内の隅々にまで感じられる1日となりました。

ファイル 312-3.jpg
 今後「水産発表会」等もありますが、大きな学校行事もひと区切りです。
 今年度後半期は、生徒会新体制発足とかかわらせながら日常生活・日常活動の充実をさらに図っていきたいと思います。
 本校活動への更なるご協力をよろしくお願いいたします。

ファイル 312-4.jpg
ファイル 312-5.jpg

合唱曲「ありがとう」

ファイル 310-1.jpg

 秋の深まりを感じる季節となりました。
 いよいよ文化祭に向けた取り組みが本格的に始まります。
 生徒会では、文化祭のテーマを「心優(しんゆう)~みんな笑顔!みんな主役!~」と定め、次の「3つのねらい」を全校生徒に提起しました。
 ◆全校生徒で、ひとつの目標に向かって取り組めるようになろう。
 ◆仕事・役割に対して責任を持てるようになろう。
 ◆地域のみなさんとの交流を深めよう。
 そして、全校生徒が文化祭テーマに向かって協力し合い、会場全体が感動で終われるような文化祭にしようと呼びかけました。
 これからの活動が『質の高い、中身のある活動』となるように期待したいと思います。

 今年度も2曲の全校合唱に取り組みます。1曲は「心の瞳」という曲です。生徒会が原案を提示し、全校生徒アンケートで決定しました。もう1曲は「ありがとう」という曲です。
 この曲は、本校の開校30周年記念祝歌であり、詞を全校生徒と白坂東洋先生、曲は杉本真樹先生が担当してつくった本校のオリジナル曲です。以来、十数年間にわたって歌い継がれてきています。 
 いま改めて、この曲に託されたその当時の生徒・教職員・保護者、そして地域の人々の思いに気持ちを添わせながら、全校生徒33名でステキな合唱に仕上げていってほしいと思います。
 26年度宗谷中学校文化祭は 10月18日(日)10:30 開幕です。

1枚のはがき

 ファイル 309-1.jpg 

 学校に1枚のはがきが届きました。差出人は長野県のMさんと書かれてあります。
 文面の一部を紹介します。
 『先日、宗谷にて声をかけて頂き、簡単な質問に答えただけでしたのに、手作りの燻製をいただききました。自宅でビールと一緒に食べてみたところ、大変美味しく頂きました。つくるのに皆さまの心が入っているのでしょう。本当にいい味でした。』

ファイル 309-2.jpg

 今月初め、宗谷岬において、本校の1年生が、観光に訪れている人々を対象に、アンケート調査活動に取り組みました。これは、その時の調査に協力してくれた人からのはがきでした。生徒たちにとっての大きな激励になります。ありがとうございました。今度また宗谷を訪ねることがありましたら、是非、本校へも立ち寄って下さい。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー