トップページ > 学校生活 > PTA活動

PTAの活動

  宗谷中PTAは、会長・副会長をはじめとする三役を中心に、「総務研修」「施設環境」の二つの常任委員会委員長と副委員長・会計監査により役員が構成されており、年に5~6回程度の三役会・役員会が行われています。その他にも学級PTA、部活動父母会が存在し、小規模校でPTA会員が少ないながらも皆さんが活動に対して積極的に参画し、学校を支えてくれています。

総務研修委員会

  近年の生徒数減によるPTA会員の減少に伴い「総務部」と「研修部」それぞれの分野について代表の方が計画を立て、活動については保護者全員で取り組む形でPTA活動が進められています。

PTA活動1

総務部の主な活動

  総務部では主に、教職員歓送迎会・文化祭食品バザー・卒業式後に行われる「卒業を祝う会」の食事面の準備・企画を担当します。実際の作業については研修部の母親も携わり、全員で協力して行われます。文化祭で母親が作るラーメンは長年に渡りレシピが受け継がれ、伝統の味として多くの地域の方が楽しみに足を運んでくれています。その他にも、地域で捕れる魚介類を使った手作り料理が用意される時もあり、毎年工夫を凝らして頑張ってくれています。

PTA活動2

研修部の主な活動

  研修部は、PTA講演会参加の呼びかけ活動や、保護者が学んだり親睦を深めたりする活動の企画を行います。毎年実施されている「給食試食会」では、保護者が実際に出されている給食を食べ、その感想を交流しあいながら学校給食の実態把握や改善に目を向けています。各種学習・親睦活動では、パッチワークやアロマキャンドルなどのものづくり活動や、ミニバレー、ミニ運動会などの体を動かす活動が主に企画されています。年に一度学級生徒の写真を使って作られるアルバム掲示物は長年続いており、文化祭で掲示されます。

施設環境委員会

PTA活動3

  施設環境委員会は父親を中心として構成され、運動会の際の保護者観覧用テントの設営やグラウンド整備に力を貸してもらっています。グラウンド整備では、重機を使って新しい土を盛ったり、春には野球部の活動が一日でも早くできるようにと融雪剤を巻いてもらったりと、毎年手をかけていただいてます。そのおかげで、安全で快適なグラウンド環境が保たれ、部活動や体育の授業を十分に行うことができています。